インテルの投資部門が無料動画サイト「ガッチャ!」に投資〜動画コンテンツ普及を支援 | RBB TODAY

インテルの投資部門が無料動画サイト「ガッチャ!」に投資〜動画コンテンツ普及を支援

ブロードバンド その他

 インテルの投資部門であるインテル キャピタル ジャパンは8月23日に、インテル キャピタルが若者向けインターネット無料動画サイト「ガッチャ!」を運営するガッチャ!メディア社に投資したと発表した。投資の詳細については公開されていない。

 ガッチャ!メディアは、サーフィン、スノーボード、モトクロスなどのアクション・スポーツや、インディーズ系の音楽、ファッションなどのライフスタイル情報など、10代から30代を中心としたユーザーを対象に動画コンテンツを配信している。また、米国の音楽チャンネル「havoc television」、美しい写真や映像を使って地球の自然を伝える「ナショナル ジオグラフィック」などとも提携している。

 ガッチャ!メディアへの投資は、パソコンで動画コンテンツを楽しむユーザに対する認知度向上を支援するものとなる。ガッチャ!メディアは、この資金を基に、より高品質なHD(ハイデフィニション)動画コンテンツなどを拡充して利用者の増大を図るほか、さらなる配信技術の開発やサイト運営に必要とされるコンピュータ設備などを強化する計画だ。また、同社は、動画コンテンツと広告を組み合わせて、若者向けに情報発信する新しいマーケティング・ツールとしても提案していく予定とのこと。

 インテル キャピタル代表のアービンド・ソダーニは「HD動画コンテンツ企業への出資は、デジタルホーム・エンターテイメントの普及を支援するインテル キャピタルの投資戦略を示すものです。今回の投資によって、日本における高品質動画コンテンツとユーザーの拡大が加速し、高性能パソコンでデジタル・エンターテイメントを楽しむ利用形態が普及することを期待しています」と述べている。

 一方ガッチャ!メディア株式会社 代表取締役社長のサイモン・ゴッデンは「インテルのデジタルホーム戦略は、ガッチャ!メディアの若者向け動画コンテンツの配信事業を後押しするものです。インテル キャピタルの投資により、事業基盤の強化を目指します」と述べている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top