マクニカネットワークス、 Windows Mobile対応の認証・暗号化ソフトを販売開始 | RBB TODAY

マクニカネットワークス、 Windows Mobile対応の認証・暗号化ソフトを販売開始

エンタープライズ モバイルBIZ

認証画面
  • 認証画面
 マクニカネットワークスは9月30日より、オランダ・セーフブート社製の携帯端末向けセキュリティ認証・暗号化ソフトウェア「SafeBoot Device Encryption for Windows Mobile」を日本国内で販売すると発表した。Windows Mobile 5.0に対応、今後6にも対応の予定。

 「SafeBoot Device Encryption for Windows Mobile」は、日本のスマートフォン/ポケットPC市場で広く普及する、Microsoft Windows Mobileに対応した暗号化ソフトウェア。パスワードによるログオン認証、PIMデータ(Outlookメール、アドレス帳、予定表等)の暗号化、指定ファイル/フォルダの暗号化、外部メモリのアクセス制御、パスワードルールの集中管理といった機能を備える。デバイスの内蔵ストレージの暗号化に加えて、デバイスに接続した外部メモリも暗号化することが可能となっており、盗難・紛失時における情報漏えいのリスクを最小限に抑えることができるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top