日立、世界初! Blu-ray Discで録るビデオカメラ——HDD搭載ハイブリッドタイプなど2製品 | RBB TODAY

日立、世界初! Blu-ray Discで録るビデオカメラ——HDD搭載ハイブリッドタイプなど2製品

IT・デジタル デジカメ

DZ-BD7H
  • DZ-BD7H
  • DZ-BD7H
  • DZ-BD70
  • DZ-BD70
 日立製作所は2日、世界初となるBlu-ray Discビデオカメラ「BDカム(ブルーレイカム)Wooo(ウー)」2製品を発表した。いずれも価格はオープンで、8月30日発売。

 今回発表されたビデオカメラは、BD/DVDドライブおよび30GBのHDDを搭載するハイブリッドモデル「DZ-BD7H」と、HDD非搭載モデル「DZ-BD70」の2製品。いずれも世界で初めてBD/DVDドライブを搭載するビデオカメラで、BD-R/REおよびDVD-R/RW/RAMの各8cmメディアへの記録に対応する。プログレッシブ読み出し方式の総画素約530万画素1/2.8型原色フィルターCMOSセンサー、およびフルHD対応レンズを搭載したほか、新開発の画像処理回路「Picture Master Full HD」採用により、撮像/記録/再生/保存までの全てのプロセスが解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応。静止画は最大2,400×1,800ピクセルでの撮影を可能とした。BD-R/REへの記録形式はMPEG4 AVC/H.264を採用しており、フルHD画質の映像を約1時間記録可能。DVDはMPEG2となる。

 30GBのHDDを搭載するDZ-BD7Hは、フルHD画質の映像をHDDに約4時間撮影できるほか、記録した映像をカメラ本体で8cmBDメディアへのダビングが可能。また、MPEG 4 AVC/H.264からMPEG2に変換することでDVDへのダビングも行える。ダビング機能として、未ダビングのシーンだけを自動的に探してダビングする「はじめて」や、すべてのシーンをすべてダビングする「まるごと」、好きなシーンだけを選んでダビングできる「えらんで」など4種類のモードを搭載。そのほか、ダビングの際にBDやDVDの残量を検出し、自動的に映像を分割してくれる「自動分割機能」などを搭載する。

 そのほか、2製品共通の仕様として、2.7型ワイド液晶ディスプレイを搭載。また、SDメモリーカードスロットを装備しており、HDDやBDに記録したビデオ映像のワンシーンを、約207万画素の静止画として保存できる。撮影機能として、明るさの不足している場合に自動的に発光する「アシストライト」や電子式の「手ブレ補正機能」、撮影しない時に待機状態にしておく「秒撮」などの機能を搭載。そのほか、初心者向けに操作方法を説明する「カイケツガイド」機能も備える。

 インターフェースはHDMI出力/コンポーネント出力/USB2.0などで、電源はリチウムイオンバッテリー内蔵。本体サイズはDZ-BD7Hが幅80×高さ87×奥行き165mmで、重さは630g(バッテリー含まず)。DZ-BD70は幅77×高さ87×奥行き165mmで、重さは575g(バッテリー含まず)。予想実売価格はDZ-BD7H190,000円前後、DZ-BD70は160,000円前後。
《》

関連ニュース

特集

page top