プラネックス、IEEE802.11nドラフト製品を40MHz通信対応にリニューアルして発売 | RBB TODAY

プラネックス、IEEE802.11nドラフト製品を40MHz通信対応にリニューアルして発売

IT・デジタル ノートPC

MZK-W04N-X
  • MZK-W04N-X
  • GW-US300Mini-X
  • GW-NS300N-X
  • GW-DS300N-X
 プラネックスコミュニケーションズは、IEEE802.11nドラフト対応の無線LAN製品を、40MHz通信に対応させてリニューアル発売すると発表。ルータやUSBアダプタなどが用意されている。8月上旬より順次発売する。

 今回の発売は、今年6月の電波法改正により使用が可能になった40MHz幅通信についての認証を同社が取得。同社が販売しているIEEE802.11nドラフト製品を40MHz対応にリニューアルするもの。通信速度については、従来の20MHz幅通信では理論値144Mbpsだったが、40MHz幅では理論値300Mbpsの通信が可能になる。

 リニューアル発売するのは以下の5製品。

●無線LANルータ
 新型番:MZK-W04N-X
 従来の型番:MZK-W04N
 予想実売価格:12,799円

●USB無線LANアダプタ
 新型番:GW-US300Mini-X
 従来の型番:GW-US300MiniW
 予想実売価格:8,399円

●無線LANカード
 新型番:GW-NS300N-X
 従来の型番:GW-NS300N
 予想実売価格:7,349円

●PCIバス無線LANアダプタ
 新型番:GW-DS300N-X
 従来の型番:GW-DS300N
 予想実売価格:8,399円

●無線LANルータ&USBアダプタセット(一部店舗での限定販売)
 型番:MZK-W04N-PKU
 予想実売価格:18,900円

 なお、既存の20MHz通信対応製品の40MHzへのアップデート方法については、8月上旬に同社のwebサイトで公開するという。
《》

関連ニュース

特集

page top