シャープ、第2の液晶パネル工場を大阪・堺に建設 | RBB TODAY

シャープ、第2の液晶パネル工場を大阪・堺に建設

IT・デジタル テレビ

新工場の完成予想図
  • 新工場の完成予想図
 シャープは31日、三重県の亀山工場に次ぐ第2の液晶パネル工場を「21世紀型コンビナート」と名付け、太陽電池工場とともに大阪・堺市に建設すると発表。11月に着工、2010年3月の稼働を目指す。今年5月に国内に液晶パネル工場を建設する意向を表しており、その具体的内容が今回発表されたかたちだ。

 液晶、太陽電池工場を同じ敷地内に建設するのは、液晶も太陽電池も同じ薄膜技術を使うためで、これによって生産の相乗効果が期待できる。また、ガス、電気などインフラを共用できることも生産性を高めるという。さらに、製造装置やマザーガラス、カラーフィルターメーカーの工場を誘致することで、亀山工場のような「垂直統合型」の事業展開を川上まで推し進め、物流コストの削減、生産計画の一元化、関連メーカーとの技術・開発協力の強化が図れる。

 液晶パネル工場では、亀山第2工場で使われているものの1.6倍にあたる世界最大の第10世代(2,850×3,050mm)マザーガラスを使用。1枚のマザーガラスから60型液晶テレビ用では6枚分、50型で8枚、40型で15枚のパネルが生産できる。太陽電池工場では、年間100万kWの生産量を計画。同工場の稼働は液晶パネル工場と同時期を予定する。
《》

関連ニュース

特集

page top