NEC、iDC市場向けラックサーバにクアッドコアCPU搭載製品をあらたに追加 | RBB TODAY

NEC、iDC市場向けラックサーバにクアッドコアCPU搭載製品をあらたに追加

エンタープライズ その他

【左】Express5800/i120Rg-1、【右】Express5800/110Ek
  • 【左】Express5800/i120Rg-1、【右】Express5800/110Ek
 日本電気(NEC)は7月27日より、データセンター(iDC)市場向けラックサーバ「Express5800/ iモデル」シリーズにおいて、あらたにインテル社製最新CPUであるクアッドコア インテルXeonプロセッサ低電圧版を搭載した「Express5800/i120Rg-1」を商品化し、販売を開始した。あわせて「Express5800/100シリーズ」にインテルPentiumデュアルコアプロセッサ搭載のモデルである、1Wayタワーサーバ「同/110Ek」および1Wayラックサーバ「同/110Rh-1」を商品化し、ラインナップに追加した。

 「Express5800/i120Rg-1」は、最新CPUの採用により従来モデルに比べて約40%の性能向上に加え、約5%の消費電力を削減した。また、1Uサイズの筐体で3.5インチSATA/3.5インチ SAS/2.5インチ SASといったハードディスクを選択可能な、データセンター市場向けサーバに仕上がっている。価格は22万6千円〜で出荷時期は8月27日。

 「Express5800/110Ek」「110Rh-1」は、従来比約1.2倍の処理速度向上を図りながら、約30%以上の省電力化を実現。また従来モデル同様、「110Ek」では4基、「110Rh-1」では3基のSATA/SASハードディスクを選択可能とのこと。「110Ek」が価格12万8千円、「110Rh-1」が価格19万9千円でともに出荷時期は8月8日となる。価格はいずれも消費税別。

 また新製品発売に伴い、iDC/xSP事業者を対象とした「Express5800 iDCビジネスサポートセンター」の「導入前コンサルティングサービス」メニューが拡充された。ロケーションコスト低減やセキュリティ、運用管理面での最適化提案など、サポート体制が強化されたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top