NECディスプレイ、ハードウェアキャリブレーション対応のプロ向け19型液晶ディスプレイ | RBB TODAY

NECディスプレイ、ハードウェアキャリブレーション対応のプロ向け19型液晶ディスプレイ

IT・デジタル ノートPC

LCD1990SX(ホワイト)
  • LCD1990SX(ホワイト)
  • LCD1990SX(ブラック)
 NECディスプレイソリューションズは23日、同社製液晶ディスプレイ「MultiSync」シリーズの新ラインアップとして、同社独自のハードウェアキャリブレーションに対応するプロユースの19型モデル「LCD1990SX」を発表した。カラーはホワイトとブラックの2色。価格はオープンで、8月27日発売。

 同製品は、解像度1,280×1,024ピクセル表示に対応するプロ向けの液晶ディスプレイで、06年に発売された液晶ディスプレイ「LCD1990SXi」の後継機種。同社独自の「専用画像処理IC」採用により、画面の輝度ムラ・色ムラを5段階で補正できる「ムラ補正機能」や、液晶ディスプレイの弱点とされていた中間調の応答速度を改善する「レスポンス・インプルーブ回路」、「12ビットガンマ補正機能」といった高画質機能を備える。また、同社のカラーキャリブレーションソフト「SpectraNavi」に対応し、オプションのカラーセンサーを利用することでハードウェアキャリブレーションが可能。キャリブレーション目標値(輝度・白色点・ガンマ)を設定することでICCプロファイルの自動作成にも対応する。そのほか、ケーブル長が約100mまでの長距離接続時にも、信号劣化を補正して色ずれの発生などを抑制する「ロングケーブル補正機能」や、最大で25枚のマルチスクリーンに対応する「タイルマトリックス機能」を搭載。マルチスクリーン時にベゼル幅が気にならないように配慮した「スーパースリムベゼル」を採用する。

 液晶パネルの主なスペックとして、輝度は250cd/m2で、コントラスト比は1,500:1、応答速度は20m/秒、視野角は上下/左右ともに178度。

 そのほかの仕様として、インターフェースはDVI-D/DVI-I/ミニD-SUB15ピンで、チルト角度は上30度/下5度で、スイーベル角度は340度。スタンドを含む本体サイズは幅402.3×高さ410.7(〜560.7)×奥行き247.3mmで、重さは8.4kg。
《》

関連ニュース

特集

page top