コウォン、動画対応のデジタルオーディオプレーヤーに8GBモデル——60時間の再生をサポート | RBB TODAY

コウォン、動画対応のデジタルオーディオプレーヤーに8GBモデル——60時間の再生をサポート

IT・デジタル その他

ブラック&シルバーモデル
  • ブラック&シルバーモデル
  • ブラック&レッドモデル
 コウォンジャパンは13日、デジタルオーディオプレーヤーの新シリーズ「iAUDIO 7」を発表。容量が8GBの「i7-8G-SL」と、4GBの「i7-4G-SL」の2モデルが用意されている。価格はそれぞれ29,800円、19,800円。7月27日発売。カラーはブラック&シルバーのツートン/ブラック&レッドのツートンの2種類。

 iAUDIO 7は、大容量化と長時間再生を実現したデジタルオーディオプレーヤー。同社のフラッシュメモリ式プレーヤーとしては、最大となる8GBモデルがラインアップに加わった。バッテリーは内蔵リチウムポリマー電池を使用。約3時間50分のUSB充電で、最大60時間の再生が可能だという。

 音質面の向上も図られ、イコライザの強化で高音質化したJet Effectを採用。新たに追加されたイコライザは、各バンドの周波数と幅を調整でき、使用機器や音の好みに合わせて自由に音をデザインできるとしている。そのほかJet Effectには、スタジオなど業務用途でも使われる再生音を鮮明にする音響効果「BEE」や、超低音を増幅する効果「Mach3Bass」、失われた音を補完する効果「MP Enhance」を備える。さらに、これらの効果を10パターン記憶して呼び出せる機能「Jet Effect Preset」も採用している。

 指一本で直感的に操作できるスウィングタッチを採用。各機能を指一本で操作し、タッチ音により目と耳で確認が可能だ。高速な表示と選択にも対応。人間の感覚や直感を研究して設計されたインターフェースだという。

 ディスプレイには26万色の表示をサポートする1.3型液晶を搭載している。解像度は160×128ピクセル。JPEGファイルのほか、最大7行のテキスト表示も可能だ。さらに付属のソフトを使用することで、動画再生もサポートする。そのほか、予約録音も可能なFMラジオ機能を備え、ボイスレコーディング用の音声専用マイクも内蔵する。CDプレーヤーやテレビなどの外部機器から録音できるダイレクトレコーディング機能も搭載する。

 音楽ファイルはMP3/WMA/WAV/OGG/FLAC/ASFに対応。周波数帯域は20Hz〜20kHz。ヘッドホン出力は52mW。S/N比は95dB。インターフェースはUSB2.0に対応。対応OSはWindows Vista/XP/2000/MEと、Mac OS X(データ転送のみ)。本体サイズは幅35.6×高さ19×奥行き76.1mm。重さは53g。
《》

関連ニュース

page top