三洋、業界最高輝度6,500ルーメンの中型プロジェクター——高出力1灯ランプで業界最高光効率を実現 | RBB TODAY

三洋、業界最高輝度6,500ルーメンの中型プロジェクター——高出力1灯ランプで業界最高光効率を実現

IT・デジタル テレビ

中型ながら高輝度を実現したLP-XP100L
  • 中型ながら高輝度を実現したLP-XP100L
 三洋電機は3日、6,500ルーメンの高輝度プロジェクター「LP-XP100L」を発表。業務用として8月1日に発売する。価格は1,260,000円。

 LP-XP100Lは、同社独自の高輝度・新光学エンジンを搭載する中型プロジェクター。中型ながら輝度は6,500ルーメンを達成している。同社によると、12kg以下の中型プロジェクターとしては、業界最高輝度だという。さらに、高出力1灯ランプを採用し、低消費電力を実現。業界最高光効率をうたっている。

 さらに、新方式の「Active Maintenance Filter」システムを採用している。吸気の風量からフィルターの目詰まりを検出し、自動的にフィルターを巻き取る「自動巻き取りフィルター制御」機能を搭載。フィルターを自動的に交換して、10回分のフィルター交換を1回で済ませることを可能にした。フィルターはカートリッジ方式によるワンタッチ交換で、交換の目安時間は業界最長だという10,000時間を実現している。

 投映方式は3原色液晶シャッター。画面サイズは31〜400型に対応する。色再現性は10億7千万色。コントラスト比は2,000:1。本体サイズは幅370×高さ187×奥行き440mm。重さは11.7kg。
《》

関連ニュース

特集

page top