三菱、NTSC比92%の広色度域を実現した24.1型ワイド液晶ディスプレイ | RBB TODAY

三菱、NTSC比92%の広色度域を実現した24.1型ワイド液晶ディスプレイ

 三菱電機は25日、広色度域パネルを搭載した24.1型ワイド液晶ディスプレイ「RDT241W」を発売。価格はオープンで、予想実売価格は99,800円。カラーはホワイトとブラックの2種類が用意されている。

IT・デジタル ノートPC
RDT241W(ホワイト)
  • RDT241W(ホワイト)
  • RDT241W(ブラック)
 三菱電機は25日、広色度域パネルを搭載した24.1型ワイド液晶ディスプレイ「RDT241W」を発売。価格はオープンで、予想実売価格は99,800円。カラーはホワイトとブラックの2種類が用意されている。

 RDT241Wは、NTSC比92%の広色域を表示する24.1型液晶ディスプレイ。Adobe RGBの色空間をほぼカバーするという。解像度は1,920×1,200ピクセル(WUXGA)。映像信号を正確に映し出すドットバイドット表示に対応する。

 自動的に表示画面を拡大する「画面拡大機能」を搭載。最大解像度に拡大する「FULL」、縦横比率を変えずに拡大表示する「ASPECT」の切り替えに対応する。また、年齢によるまぶしさの感じ方や、表示画像の平均輝度に応じて明るさの制御を自動的に行う機能「IV MODE」を採用している。

 電源内蔵型で、接続コードをまとめるケーブルホルダーが付属。すっきりとした設置環境を実現する。表示色は1,677万色。視野角は上下/左右160度。輝度は400cd/m2。コントラスト比は900:1。応答速度は5m/秒。インターフェースとして、DVI-D(HDCP対応)/ミニD-Sub15ピンを備える。スタンドを含んだ本体サイズと重さは、幅567.2×高さ394.8×奥行き252.5mmで、10.3kg。
《》

特集

page top