エス・アンド・アイと日本IBM、通信事業者向け仮想化ソリューションを提供開始 | RBB TODAY

エス・アンド・アイと日本IBM、通信事業者向け仮想化ソリューションを提供開始

エンタープライズ その他

 エス・アンド・アイと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10日、通信事業者向けに仮想化ソリューションの導入サービスを開始した。
  •  エス・アンド・アイと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10日、通信事業者向けに仮想化ソリューションの導入サービスを開始した。
  •  エス・アンド・アイと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10日、通信事業者向けに仮想化ソリューションの導入サービスを開始した。
 エス・アンド・アイと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10日、米SWsoft社のLinux環境における仮想化サーバーソフトウェア「Virtuozzo」(バーチュオッゾ)と、IBMのPCサーバー「IBM System x」およびブレード・サーバー「IBM BladeCenter」を組み合わせた高集積仮想化ソリューションの導入サービスを共同で開始した。価格は120万円から。

 今回採用されたVirtuozzoは、世界中のサービスプロバイダ、ホスティング事業者やデータセンターなどで多く採用された実績を持つ、サーバ仮想化のためのソフトウェア。オープンソースのOS仮想化ソフトウェア「OpenVZ」がベースとなっており、1台の物理サーバの上に数十から数百の論理サーバを稼働させる、先進的かつ高集積な仮想化を実現できるとしている。さらに、サーバ管理ツール「Plesk」(プレスク)を採用することにより、仮想化環境におけるサーバの設定・管理を、管理者およびユーザがGUIベースにて容易に行えるという。

 一方、ハード側となるIBM BladeCenterは、サーバ機能の高集積による省スペースを実現したブレード・サーバ。高集積な仮想化環境の実現に加え、IBMの熱・電力消費対策ソリューション「Cool Blue」の利用で、システム全体のTCOの削減が可能になり、データセンタにおけるさまざまな問題を解決するソリューションとして効果を発揮できるとしている。

 今回のソリューションにおいてエス・アンド・アイは、SWsoftの「VARパートナー」であるとともに、日本国内においてIBM BladeCenterとVirtuozzo/Pleskを組み合わせたシステム構築の実績を持つ唯一のシステムインテグレーターとなっている。また、「IBM System x バリューパートナー」として、IBMのPCサーバならびにブレード・サーバに関するサービスを高い技術レベルで提供するとしている。

 高集積仮想化ソリューションの構成例(エントリー構成)は以下のとおり。

・IBM System x 3550×1台
 (デュアルコアXeon 5110(1.6GHz)×2、メモリ4Gバイト、250GバイトHDD)
・RedHat Linux ES4
・SWsoft Virtuozzo(40 VPS)
・SWsoft Plesk
・ハードウェア/ソフトウェア保守一式(24時間×週7日)
・基本導入サービス一式
《村上幸治》

特集

page top