タモリ手作りカレーを糸井と食べる!「カレー部」記者公募 | RBB TODAY

タモリ手作りカレーを糸井と食べる!「カレー部」記者公募

エンタメ その他

 すでに一部のブロガーやテキストサイトで話題になっている、Webサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が開催する「カレー部例会@電力館」(正式タイトル「中洲産業大学&ほぼ日刊イトイ新聞 meets Switch! カレー部例会@電力館」)。

 「ほぼ日」紙上で、意味不明の「カレー部」宣言を行っていた糸井重里。もともと、料理には定評があり、「いろんなカレーを作ったけど最終的にはこれだ。というカレーにたどり着いたね」と語るタモリ。構想2年にわたる2人のカレー部の活動が電力館の協力により、ようやくイベントとして実現することとなった。

 ほぼ日の糸井重里と中洲産業大学のタモリがコラボ、タモリが作るカレーを糸井重里、山下洋輔、みうらじゅん、リリー・フランキーと食べるというイベントだ。カレー作りをサポートするのは、カレー好きには有名な「東京カリ〜番長」とこれまた豪華。しかもチケット(3,500円、全席指定)を購入していれば一般人でも参加可能というから驚きだ。日時は4月25日(水)(18時30分開場、19時開演、22時終演予定)、場所は東京都渋谷区の電力館となる。

 この世紀のイベントを、記者として報道する人たちを、2007年4月11日24時までほぼ日が募集する。大・中・小・細のあらゆる媒体が対象で、タモリとほぼ日が事前審査(というか、タモリの「ただの直感」にまかせるらしい)を行い、招待する記者を決定する。当選したら、カレーを作っているのを待ちながらトークを楽しむ一般席8Fホールとは別に、4F、IH クッキングルーム・バックステージに無料招待となる。無線LAN環境は用意されるので、対応モバイルPCや機材を持ち込めば、リアルタイムレポートも可能とのこと。

 全国ネットのテレビ局、ラジオ、雑誌、新聞など大きなメディアはもちろん、「ホームページ」や「ブログ」でもOK。それなりにカレーが好きで、イベントに必ず参加して、記事を媒体で伝えること、その他諸条件を遵守することがもちろん必要だが、すでに一般販売のチケット申込は締め切っているので、参加するには記者になるしかない!?

 これぞと思う人は以下の項目を記入の上、postman@1101.comまでメールを送ってみよう。締め切りは4月11日(水)まで。審査結果は4月18日(水)までにメールにて回答される。

◆応募項目
 件名:「カレー部取材」として送信
 お名前(本名):
 ハンドルネーム:
 年齢:
 性別:
 住所:
 メールアドレス:
 電話番号:
 媒体名とサイトURL:
 発行部数(一日のアクセス数):
 簡単な媒体紹介:
 予定掲載企画:
 取材参加予定人数:
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top