外出先での音楽視聴、携帯電話がMDやCDを上回る | RBB TODAY

外出先での音楽視聴、携帯電話がMDやCDを上回る

 IMJモバイルとユーテイルは29日、「携帯コンテンツの利用実態調査」の結果を発表した。同調査は、全国の5歳以上の男女を対象に3月20日から3月22日の間にインターネットアンケート調査で実施したもの。有効回答数は1,201サンプル。

ブロードバンド その他
外出時の音楽視聴有無 / 外出時の音楽視聴方法
  • 外出時の音楽視聴有無 / 外出時の音楽視聴方法
  • 携帯での音楽視聴有無 / 携帯への音楽取り込み方法
 IMJモバイルとユーテイルは29日、「携帯コンテンツの利用実態調査」の結果を発表した。同調査は、全国の15歳以上の男女を対象に3月20日から3月22日の間にインターネットアンケート調査で実施したもの。有効回答数は1,201サンプル。

 発表によると、もっとも利用頻度が高いのはSNSとブログでそれぞれ47%、36.3%が週2〜3回以上利用していると回答している。また、利用経験があるサイトについては51%が「音楽ダウンロード」、46%が「経路検索」、42%が「ゲーム」を挙げた一方、「ブログ」は19%、「SNS」は12%にとどまり、固定層が頻繁にアクセスするCGMの特性がうかがえる。

 携帯サイトをブックマークしているかという質問については、10〜20代では男女ともに8割以上が「している」と回答しているのに対し、60代では3割以下という結果が出ている。ブックマークの数については、「3〜5個」が29%、「10〜19個」が19%、「6〜9個」が17%という結果が出た。年齢別に見ると、10代男性の68%が10個以上ブックマークを登録しているのが特徴的だ。

 ブックマークしている携帯サイトは、「経路検索」がトップで46%、次いで「検索サイト」、「音楽ダウンロード」がそれぞれ41%ずつとなり、携帯電話を利用した検索を利用している層が拡大していることがわかる。

 外出時に音楽を聴くユーザーに対して視聴手段を尋ねたところ、「デジタルオーディオ」が27%、「iPod」が20%、「携帯電話」が16%だった。「CDプレイヤー」との回答が12%、「MDプレイヤー」が10%という結果を見ると、携帯電話で音楽を聴くユーザーがこれらの手段を上回る結果となった。

 携帯電話での音楽視聴経験の有無については45%が「ある」と答えた。携帯電話への音楽の取り込み方法は62%が「サイトからダウンロード」、57%が「パソコンからの取り込み」と回答し、「着うたフル」が広く一般化している。

 携帯電子書籍への興味・経験に関する設問では、「興味がある・購読している」と回答したのは全体の24%にとどまった。しかし、年齢別に見ると10代女性の53%、20代男女の38%が「興味がある・購読している」と回答しいて、若い世代の特に女性を中心に携帯電子書籍が浸透していることがうかがえる。興味がある電子書籍のジャンルでは、「最新コミック」が44%、「昔のコミック」が42%、「小説や文学」が37%となった。
《富永ジュン》

関連ニュース

page top