シャープ、ハイビジョンDVDレコーダー5モデル | RBB TODAY

シャープ、ハイビジョンDVDレコーダー5モデル

IT・デジタル レコーダー

上段中央「DV-ACW60」中段左「ACW55」右「ACW52」
下段左「AC55」右「AC52」
  • 上段中央「DV-ACW60」中段左「ACW55」右「ACW52」
下段左「AC55」右「AC52」
 シャープは14日、携帯電話やデジタルカメラの写真を手軽にレコーダーへ転送できるIrSS(高速赤外線通信)を内蔵するAQUOSハイビジョンレコーダーを発表した。フルHDの2番組同時録画可能な「DV-ACW60/55/52」と、シングルチューナーだが液晶テレビのAQUOSと組み合わせることで、2番組同時録画(ハイブリッドダブレコ)が可能になる「DV-AC55/52」の5機種で2月下旬から順次発売する。

 価格はオープンだが、予測実売価格はDV-ACW60が20万円前後、ACW55が14万円前後、ACW52が11万円前後。DV-AC55は11万円前後でDV-AC52が9万円前後。

 AQUOSハイビジョンレコーダーは、液晶テレビAQUOSと連携して動作するAQUOSファミリンクの新機能としてIrSS(高速赤外線通信)「フォトシステム」を搭載する(DV-ACW60/ACW55/ACW52)。転送された写真は、レコーダーのHDDに保存され、アルバム表示や連続自動再生などが行なえる。

 また、デジタルカメラのUSB出力からも転送できる「写真入力」端子を搭載する。さらに、全機種に電源スタンバイ状態からすぐに使える「一発起動」を採用。世界最速(2月14日現在)のわずか0.8秒での高速起動を実現している。なお、3月20日に発売される、ブルーレイディスクの「BD-HP1」とi.LINKで接続することで、HDDに録画した番組をハイビジョンのままダビング(ムーブ)できる。

 サイズは、全機種幅434×奥行343×高さ68mm、重さはDV-ACW60が約6.2kg、ACW55が約5.8kg、そのほかの機種は約5.0kg。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top