タムロン、デジタル専用の13.9倍ズームレンズ「AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II」 | RBB TODAY

タムロン、デジタル専用の13.9倍ズームレンズ「AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II」

IT・デジタル デジカメ

 タムロンは1日、APS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用の軽量・コンパクトな超高倍率ズームレンズ「AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical [IF] Macro」(Model A18)を発表した。発売予定日はキヤノン/ニコン用が2月22日、ソニー/ペンタックス用が順次発売予定となっている。価格は75,000円。

 本製品は、35mm判換算で28〜388mm相当の画角が得られる13.9倍ズームの超望遠レンズ。同社の最大ズーム倍率(11.1倍)機種であった「AF18-200mm Di II」(Model A14)と比べて、全長と最大径で約0.6mmのサイズアップに抑えているのが特徴だ。

 本体サイズは全長84.3×最大径74.4mm、重さは430g。
《村上幸治》

特集

page top