東芝、デジタル放送の2番組同時録画が可能なHDD&DVDレコーダー「RD-S600/S300」 | RBB TODAY

東芝、デジタル放送の2番組同時録画が可能なHDD&DVDレコーダー「RD-S600/S300」

IT・デジタル レコーダー

RD-S600
  • RD-S600
 東芝は、HDD&DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの新ラインアップとして、デジタルハイビジョン放送の2番組同時録画が可能な「ハイビジョンW録」機能に対応した600GバイトHDD搭載モデル「RD-S600」と300GバイトHDD搭載モデル「RD-S300」を2月28日に発売する。価格はいずれもオープンで、実売予想価格はS600が13万円前後、S300が10万円前後。

 RD-S600/S300は、デジタルハイビジョンチューナーを2系統搭載し、2番組同時に録画できる「ハイビジョンW録」に対応したモデル。また、初めてDVDレコーダーを使うユーザー向けとして、従来のリモコンに加え、「録る」「見る」「残す」「消す」のよく使う基本操作に絞った「シンプルリモコン」を同梱し、より簡単に操作できるようにしているのが特徴だ。

 このほか、チャンネル選局が可能でヨコ型とタテ型の両方表示できる電子番組表(EPG)、テレビを見ながら選局できる「見ながら番組選択」や、画面に沿って操作するだけで簡単に初期設定やダビングができる「はじめての設定」「かんたんダビング」といった使い勝手を向上させる機能が搭載されている。

 さらに自動録画機能として、従来から搭載されている「お気に入り自動録画」「シリーズ自動録画」機能に加え、新たに学習機能を使った「お楽しみ自動録画」機能を搭載。本機能を使うことにより、録画や再生などの履歴などを基に関連する番組が自動で録画されるようになるという。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top