東芝、Webオリジナルの「dynabook Satellite AW6」に光沢液晶とCore 2 Duo T5500を搭載したモデル | RBB TODAY

東芝、Webオリジナルの「dynabook Satellite AW6」に光沢液晶とCore 2 Duo T5500を搭載したモデル

IT・デジタル ノートPC

dynabook Satellite AW6
  • dynabook Satellite AW6
 東芝は15日、同社の直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」の専用モデルとなるノートPC「dynabook Satellite AW6」グラフィック強化モデルに、15.4型WXGA ClearSuperView液晶ディスプレイとCore 2 Duo T5500を搭載した新モデルを追加した。価格は179,800円から。

 今回発売された新モデル(PSAW61RDCTS4LG)では、新たに液晶ディスプレイとして光沢タイプを採用したのに加え、グラフィック強化モデルではCPUが今まで「Core2Duo T7200」(2GHz)だったところを「同 T5500」(1.66GHz)にすることで価格を抑えているのが特徴となっている。

 そのほかの点は従来モデルを踏襲し、グラフィックスチップ「GeForce Go 7600(ビデオRAM256Mバイト)」や、harman/kardonステレオスピーカーを採用するなど、最新の3Dゲームを楽しめるとしている。

 本体サイズは幅360×奥行き267×厚さ29.8〜36.8mm、重さは約2.8kg。バッテリー駆動時間は約2時間としている。

 PSAW61RDCTS4LGの主なスペックは以下のとおり。

●dynabook Satellite AW6 グラフィック強化モデル(PSAW61RDCTS4LG)
 CPU:Core 2 Duo T5500(1.66GHz)
 チップセット:Intel 945PM
 グラフィック:GeForce Go 7600(PCI Express)
 メモリ:512Mバイト(最大2Gバイト)
 HDD:120Gバイト(5,400rpm、SerialATA)
 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み)
 表示部:15.4型WXGA(1,280×800ドット)TFT Clear SuperView液晶ディスプレイ
 ネットワーク:Ethernet、無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)
 OS:Windows XP Home Edition
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top