トゥ・ステップ、画面キャプチャ保存とWebアクセス制御などが可能な情報漏えい対策システム | RBB TODAY

トゥ・ステップ、画面キャプチャ保存とWebアクセス制御などが可能な情報漏えい対策システム

エンタープライズ その他

 トゥ・ステップは、情報漏えい対策システム「Supervision」を12月1日に発売する。価格は120万円(クライアント50ライセンス、サーバ1ライセンス、マネージャ1ライセンスを含む)。

 Supervisionは、1〜3,600秒までの任意の時間ごとにクライアントの画面キャプチャを録画して監視サーバに保存する画面・行動監視ソフト。行動監視機能としては、クライアントPC上のアプリケーションの起動を記録するほか、サーバへのアラーム通知や指定したアプリケーションの起動も制御できる。また、Webサイトへのアクセス、メール送受信、USBメモリなどの外部デバイスの監視にくわえ、サーバ内のファイルへのアクセス監視・禁止が可能だ。

 クライアントPCにはインストールの痕跡が残らないためユーザーに知られることなく監視できるほか、ノートPCなどをネットワーク外で使用した場合はネットワークに戻った時にその間のログを自動的にサーバに保存する。

 対応OSは、マネージャとサーバがWindows 2000 Server/2000 Professional/XP Home/XP Professional/Server 2003、クライアントがWindows 2000/XP。
《富永ジュン》

特集

page top