Google Earth向け3Dギャラリー、日本語版が登場 | RBB TODAY

Google Earth向け3Dギャラリー、日本語版が登場

ブロードバンド その他

 米Googleは2日、3Dオンライン地図ソフト「Google Earth日本語版」にて日本語版3Dギャラリーと3Dギャラリーネットワークリンクが利用できるようになったと発表した。

 3Dギャラリーネットワークリンクとは、建物の詳細な3Dモデルを収録した3Dギャラリーに、Google Earth上からアクセスし、データをダウンロード。表示できるというものだ。

 3Dギャラリーを利用するには、Google Earthから3Dギャラリーネットワークリンクのページにアクセスし、画面右上の「ネットワークリンクをダウンロード」というリンクをクリックする。3Dモデルのダウンロードが終了すると、「場所」パネルに3Dギャラリーのレイヤーが表示され、Google Earthの地図上に青い家アイコンが表示される。青い家アイコンをクリックすると詳細な3Dモデルが表示される仕組みになっている。

 なお、ダウンロードした3Dモデルを次回起動時も表示したい場合は、Google Earth終了前に「お気に入り」フォルダに保存する必要がある。

 これらの3Dモデルは、SketchUpにダウンロードしてアレンジすることも可能だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top