富士通ヨーロッパなど、学食の課金に手のひら静脈認証を導入 | RBB TODAY

富士通ヨーロッパなど、学食の課金に手のひら静脈認証を導入

エンタープライズ その他

 Yarg Biometrics(Yarg)とFujitsu Europe (富士通ヨーロッパ)は現地時間26日、小学校の食堂に手のひら静脈認証技術を導入したと発表した。

 導入されたのは、スコットランドの公立トッドホーム小学校。このシステムにより、手のひらをかざすことで、認証ができるようになり、現金での支払いが不要になる。また、非接触式の手のひら静脈認証技術が採用されており、衛生的であることも食堂に導入した理由としてあげられている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top