NTT西、ひかり電話の障害は呼処理サーバの混雑が原因 | RBB TODAY

NTT西、ひかり電話の障害は呼処理サーバの混雑が原因

ブロードバンド その他

 NTT西日本は24日、23日と24日に発生した「ひかり電話」の混雑について、呼処理サーバに容量を超えたトラフィックが流れ、輻輳が発生したのが原因だと明らかにした。

 これを解消するため、25日朝をめどに呼処理サーバの増設を実施する。さらに、ひかり電話ネットワーク全体の処理能力について、再度チェックを行うとしている。

 なお、影響を受けたのは、オフィスとビジネスタイプを含む、NTT西日本のすべてのひかり電話である約83.3万契約。

 同社では、3月と4月にも大規模な障害が発生。「光ブローバンドサービス品質向上プロジェクト」を立ち上げ、ネットワークの信頼性の向上や、故障対応の迅速化に努めている最中だ。また、「弊社ではこれを重大な事態と認識し、再発の防止に向けた改善に全社を挙げて取り組んでまいります」とお詫びを発表している。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top