NEC、欧州個人向けPC事業を旧e-Machinesの創業者へ譲渡 | RBB TODAY

NEC、欧州個人向けPC事業を旧e-Machinesの創業者へ譲渡

IT・デジタル ノートPC

 日本電気(NEC)は16日、同社の100%子会社「Packard Bell B.V.」(PB、本社オランダ・ウィッヘン)を、旧e-Machinesの創業者であるJohn Hui氏の持つ買収会社へ譲渡したと発表した。

 PBは、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)、南米地域の個人向けPC、デジタル機器および付帯サービス事業を担当していた企業。EMEA地域および南米において独自ブランド「Packard Bell」を冠し、高い知名度を背景に個人向けPCなどの機器販売を中心に事業を展開。さらに、MP3プレーヤー、DVDプレーヤー、GPSなどのデジタル機器事業へと事業領域を拡大し、コンシューマーエレクトロニクス企業として成長を続けているという。

 NECでは、現在行われている企業向けソリューション・プロダクト領域での事業拡大に注力する方針のもと、2005年に「NEC Computers SAS」(本社:フランス・プトウ)をPB(当時「NEC Computers International B.V.」)から分離独立。NEC Computers SASは、欧州でのITプラットフォーム事業の重要な担い手として、NECブランドでの企業向けPC・サーバ事業を展開しているという。

 同社ではこれらの状況を背景に、「今後のPBの一層の成長のためには、コンシューマ向け事業ノウハウを持ち、それをPBのさらなる成長に役立てることのできるHui氏に同社の事業譲渡を行うことが両者にとって最善の策と判断したものであります」と、今回の譲渡について発表している。
《村上幸治》

特集

page top