ナナオ、デジタルチューナーとDVDプレーヤーを内蔵した32/26/20型液晶テレビ | RBB TODAY

ナナオ、デジタルチューナーとDVDプレーヤーを内蔵した32/26/20型液晶テレビ

IT・デジタル テレビ

右から、20V型「SC20XD2」、32V型「SC32XD2」、26V型「SC26XD2」
  • 右から、20V型「SC20XD2」、32V型「SC32XD2」、26V型「SC26XD2」
  • 前面中央に内蔵されたDVDプレーヤー
  • 放熱口がなくすっきりとした背面。パネルの中には各種端子を装備する
  • 放熱口がなくすっきりとした背面。パネルの中には各種端子を装備する
  • 左から川崎和男氏、橋本雅之氏。Flexscanなど今までの製品開発に関わるデザインへの情熱などが語られた
 ナナオは10日、スタイリッシュな液晶テレビ「FORIS.TV」の第3世代となる3モデルを都内で発表した。

 新機種のラインアップは、32V型「SC32XD2」、26V型「SC26XD2」、20V型「SC20XD2」の3モデルで、11月15日に発売する。価格はすべてオープンで、直販価格は32V型が220,500円、26V型が189,000円、20V型が136,500円。カラーバリエーションとして、コンセプトカラーとなる「フォリスブルー」のほか、ブラック、シルバー、レッド、ダークブランの5色を用意する(20V型はフォリスブルーのみ)。

 今回発表された3モデルは、本シリーズの特徴である液晶画面とスピーカー部の面積が1:1でシングルスタンドというデザインを引き継ぎつつ、3モデル共通の「ワンコンセプト」として、地上・BS・110度CSデジタルチューナーとDVD/CDプレーヤーを全モデルに内蔵しているのが特徴だ。

 デザイン面では、従来モデルよりさらにブラッシュアップされ、背面をフラットにするとともにアルミを用いることで放熱性を高め、放熱口のないすっきりとした見た目となっている。また、各種端子をパネルで隠すことによりコードがすっきりとまとまり、見た目の向上へとつながっている。

 機能面では、新たに高画質を実現する映像プロセッサーを独自に開発。コントラスト拡張、自動シャープネス、明るさ自動調整、黒レベル自動調整の4機能を搭載することで、見る人に優しい映像が提供できるとしている。また、32V型モデルでは各コマの間に黒いコマを挿入する「フレキシブル黒挿入技術」を搭載し、素早い画面での残像を低減している。

 さらに音声面では、低音から高音までを1つのスピーカーでカバーする「フルレンジスピーカー」を採用するのに加え、低音域をナチュラルに表現できるバスレフ型の大容量エンクロージャーを採用。すべての音域をバランスよく表現でき、サイズを超えたダイナミックな音が出せるとしている。

 インターフェースでは、映像と音声のデジタル入力を1本でできるHDMI端子を2系統装備(20V型は1系統)。また、PC入力端子としてミニD-Sub15ピン端子を装備しており、PCでのWXGA表示に対応する。

 発表会の中では、ナナオのデザインディレクターで大阪大学大学院教授である川崎和男氏と、同社開発マネージャーの橋本雅之氏による対談が行われた。川崎氏は同社のブランド名である「EIZO」のCIも手がけられた方で、製品の外部デザインに加えハード基板など内部についても開発から見ると厳しいと思われる意見を言われているという。これを真摯に受け止め実現する同社開発陣に対して、「デザイナーと技術チームのコンフリクトが高い次元にあり、デザイナー冥利に尽きる」とコメントした。

 今回の製品については、他社が見えないところを「手抜き」していると痛烈に批判するとともに、FORIS.TVのすっきりとした背面などを上げ「ナナオ製品は手抜きが一切無い」とコメント。

 また、不安定そうにも見えるシングルスタンドのデザインについては、建設業者の耐震テスト装置により震度6でも倒れないことを確認したと語り、外見だけの「デザイン家電」ではなく、中身の伴ったデザイン家電として投入するとした。
《村上幸治》

特集

page top