【CEATEC 2006 Vol.7】どの方向からでも3Dに見えるディスプレイ | RBB TODAY

【CEATEC 2006 Vol.7】どの方向からでも3Dに見えるディスプレイ

ブロードバンド その他

レンチキュラーレンズと、視線認識カメラによる、どこから見ても自然に立体にみえるディスプレイ(参考出品:NTTドコモ+東京農工大)
  • レンチキュラーレンズと、視線認識カメラによる、どこから見ても自然に立体にみえるディスプレイ(参考出品:NTTドコモ+東京農工大)
  • 実物に近い立体表示が可能な3Dディスプレイ
 NTTドコモは、参考出品として「レンチキュラーレンズ」による3Dディスプレイを展示していた。レンチキュラーによる3Dディスプレイはこれまでのいろいろなデモが行われているが、この試作品は、ディスプレイ上のカメラが人の目線を認識して、斜めから覗き込むような場合でもちゃんと立体に見えるようになっている。

 つまり、立体にみえるように画面を動かしたり、顔を動かさなくてもいいだけでなく、画面を斜めからみると、実物を動かしたようなパースでの表示が可能ということだ。当然携帯電話への応用を考えているとのことだが、製品化などは未定だという。確かに、このままではサイズの問題や、それ用に作られた画像以外3Dにならないなどの課題はあるが、3D映画やゲームのサービスなどで応用できそうだ。
《中尾真二》

特集

page top