検索サイトの結果一覧に各Webの安全度を示す新機能などを搭載した「マカフィー2007」 | RBB TODAY

検索サイトの結果一覧に各Webの安全度を示す新機能などを搭載した「マカフィー2007」

 マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。

エンタープライズ その他
 マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。
  •  マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。
  •  マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。
  •  マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。
  •  マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。
  •  マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。
 マカフィーは本日、都内で新製品発表会を開催し、個人向けセキュリティソフト「マカフィー2007」シリーズを9月30日に発売すると発表した。

 発表会ではまず、米McAfeeのコンシューマ&モバイルビジネス担当シニア・バイスプレジデントのトッド・ゲブハート氏が壇上に立ち、過去11四半期中10四半期において、製品の予約数が前年同期比25%を達成し続けているほか、ユーザー数が2004年から2005年にかけて26%増加していることや登録ユーザーの85%が更新をしていることなどを挙げ、業績の好調さをアピールした。また、同社が「きわめて好調で重要なマーケット」と位置づける日本市場においては、2004年から2005年にかけて65%の成長を示していることやオンライン製品の売り上げは前年比240%の伸びを達成しているなど、日本市場でのさらなるシェア増への期待を見せた。

 今回発表されたのは、「マカフィー・トータルプロテクション2007」、「マカフィー・インターネットセキュリティスイート2007」、「マカフィー・PCプロテクションプラス」、「マカフィー・ウイルススキャンプラス2007」、「マカフィー・ワイヤレスプロテクション2007」の5製品。

 今バージョンでは、ウイルス対策、スパイウェア対策、ハッカー対策、PCクリーンアップ、バックアップと復元、個人情報保護、迷惑メール対策、パレンタルコントロール、簡単ネットワーク、無線LAN保護の10種類のプロテクション機能を目玉としている。マカフィー・トータルプロテクション2007では全10種類、マカフィー・インターネットセキュリティスイート2007では簡単ネットワークと無線LAN保護をのぞく8種類、マカフィー・PCプロテクションプラス2007ではウイルス対策からバックアップと復元までの5種類、マカフィー・ウイルススキャンプラス2007ではウイルス対策、スパイウェア対策、ハッカー対策の3種類、マカフィー・ワイヤレスプロテクション2007では簡単ネットワークと無線LAN対策の2種類が利用可能だ。

 新バージョンでは、インターフェイスがよりわかりやすく一新され、PCの保護状態を示すアイコンと「更新」ボタン、「スキャン」ボタンがセキュリティダッシュボードに配置されるようになった。保護状態アイコンは、保護されていることを示す「緑」、完全に保護されていないを表す「黄」、非保護を意味する「赤」の3種類あり、黄、または赤の場合に表示される「修復」ボタンをクリックするだけで問題を解決できる「ワンクリックプロテクション」が採用されている。また、各機能のカテゴリ分けもユーザーが内容をイメージしやすい「コンピュータとファイル」、「インターネットとネットワーク」、「Eメールとメッセンジャー」、「パレンタルコントロール」の4つに再編成された。

 さらにすべての製品において、検索サイトでの検索結果に各サイトの安全度を示すアイコンを表示する新機能「McAfee SiteAdvisor」が搭載される。McAfee SiteAdvisorでは、全世界の約95%のウェブサイトにおけるスパイウェアやウイルス、トラッキングクッキー、スパムメールの危険性などをチェックしたデータベースを用意し、Google、Yahoo!、MSNでの検索結果一覧に赤、黄、緑のアイコンを表示する。アイコンの上にカーソルを合わせると、どのような危険があるのか簡潔に解説したバルーンが表示され、さらに「詳細」リンクをクリックすることで新しいブラウザウィンドウ上にどのファイルにどのようなウイルスが含まれているのか、どの国にウェブサーバがあるのか、そのサイトにメールアドレスを登録するとどのようなタイトル・本文のスパムメールが届くかといった情報を閲覧できる。

 今バージョンよりパッケージ版、ダウンロード版ともにサブスクリプション方式に移行したことを受けて、従来ダウンロード版のみで提供されていた契約期間中のメジャーバージョンアップがパッケージ版でも利用できるようになった。そのほか、ルートキットやステルステクノロジに対応した検出・駆除ツール「McAfee X-ray for Windows」や30%以上高速化した新しいスキャンエンジンの採用、従来IEのプラグインとして提供していたIE6、およびFirefox向けのフィッシング対策機能を内蔵する。

 パッケージ版の価格は、マカフィー・トータルプロテクション2007の通常版が9,980円、優待版が8,400円、マカフィー・インターネットセキュリティスイート2007の通常版が8,904円、優待版が7,329円、マカフィー・ウイルススキャンプラス2007の通常版が5,754円、優待版が4,725円、マカフィー・ワイヤレスプロテクションの通常版が4,179円。3ユーザ版も用意されている。

 ダウンロード版の価格は、マカフィー・トータルプロテクション2007の1年版が6,980円、3ユーザ/1年版が7,500円、マカフィー・インターネットセキュリティスイート2007の1年版が5,775円、3ユーザ/1年版が7,500円、マカフィー・PCプロテクションプラス2007の1年版が4,620円、3ユーザ/1年版が6,480円、マカフィー・ウイルススキャンプラス2007の1年版が4,095円、3ユーザ/1年版が6,180円、マカフィー・ワイヤレスプロテクションの3ユーザ/1年版が2,980円。2年版、3年版も用意されている。なお、マカフィー・PCプロテクション2007はダウンロード版のみの提供となる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top