ZMP、ロボット技術搭載のネットワーク音楽プレーヤー「miuro」 | RBB TODAY

ZMP、ロボット技術搭載のネットワーク音楽プレーヤー「miuro」

IT・デジタル その他
 セットエムピー(ZMP)は8月31日、世界初のロボット技術を搭載したネットワーク音楽プレーヤー「miuro(ミューロ)」を発表し、予約受付を開始した。価格は10万8,800円。初回出荷は12月の予定。

 miuroは、本体に装着したiPod内の音楽ファイルに加え、内蔵のIEEE802.11b/g対応無線LANによりインターネットラジオやネットワーク上の他のPC内のライブラリにアクセスして音楽ファイルを再生できる音楽プレーヤー。対応フォーマットは、WAVE、MP3、WMA、AAC、AIFF、LPCM。床において使用する場合はソファに座った状態で耳の高さにまで音場があがる「フロアモード」、テーブルにおいて使用する場合は音場の操作をしない「テーブルモード」の2モードをリモコンで切り替え可能。

 ロボット技術を利用した機能は、カメラや距離測定センサー、タッチセンサーからの情報を基に室内の見取り図を作成し、指定の位置に移動させられる自律移動技術のほか、携帯電話から位置を指定すると自動的に移動して写真を撮影し、メールで送信する機能など。さらに独自のアルゴリズムで音楽に合わせてフルカラーLEDによるイルミネーションやその場で旋回したり、ツイストするなどダンス機能も用意された。

 デザインはグラフィックプロデューサの原神一氏が担当。スピーカーは80mmウーファーと25mmツイーターが独立した4ch構成でパイオニアと提携して設計された。

 サイズは幅35cm×径22cm、重さは約5kg。標準バッテリーで3〜4時間、別売りの大容量バッテリーで6〜8時間の音楽再生が可能。カラーは、White、Black、Yellow、Redの4色。オプションとして、自律移動パッケージ(19,800円)、遠隔コミュニケーションパッケージ(15,800円)、大容量バッテリー(12,800円)、クリアトップカバー(2,800円)も販売される。
《富永ジュン》
page top