ソニー、フルHDの映像を最大300インチの大画面で楽しめる液晶プロジェクター | RBB TODAY

ソニー、フルHDの映像を最大300インチの大画面で楽しめる液晶プロジェクター

IT・デジタル テレビ

 ソニーは、フルHD表示に対応する独自開発の0.61型液晶パネル「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を採用し、滑らかで高精細な画質を大画面に映し出せるフルハイビジョン対応のビデオプロジェクター「VPL-VW50」を10月20日に発売する。価格は735,000円。

 VPL-VW50は、SXRDの採用に加え、より色を鮮やかに、本物に近い色を再現するために開発された200Wの高圧水銀ランプを採用したモデル。投影距離1,212〜16,093mmに対して、40〜300型(16:9画面時)の画面サイズが表示できるのが特徴だ。

 本体サイズは幅39×奥行き4715×高さ174mm、重さは約11kg。そのほかのスペックは、輝度が最大900ルーメン(lm)、コントラスト比が最大15,000:1。入力端子としてコンポジットビデオ、Sビデオ、コンポーネント、ミニD-Sub15ピン端子、HDMIを装備する。
《村上幸治》

特集

page top