スカイプ、「Skype for Mac 1.5ベータ版」をリリース。使い勝手をさらに向上 | RBB TODAY

スカイプ、「Skype for Mac 1.5ベータ版」をリリース。使い勝手をさらに向上

ブロードバンド その他

 ルクセンブルグに本社を構えるスカイプ・テクノロジーズS.A.(以下、Skype)は、2006年7月25日(ルクセンブルグ現地時間)に、同日より最新の「Skype for MacOS X 1.5(ベータ版)」を、同社Webサイトから提供すると発表した。

 今回のベータ版には、使いやすさに重点を置きデザインしたシンプルなインターフェイス、7か国語への多言語対応に加え、数々の新機能が追加された。新たな機能としては、さらに使いやすくなったコンタクトリスト、通話ウィンドウやチャットドロワー、簡易化されたコンタクト先検索機能、SkypeOutの「イージーダイヤラー」が追加された。この最新版により、これまで以上に快適なインターネット上でのコミュニケーションが可能になるとしている。

 新機能のうち、SkypeOutイージーダイヤリングでは、カントリーコードを覚える代わりに、ドロップダウン・メニューから国を選ぶだけで、簡単に世界中の一般電話または携帯電話と通話ができる。電話をする相手の検索については、AppleアドレスブックまたはMicrosoft Entourageのコンタクト先をSkypeにインポートし、SkypeOutを使った検索ができる。対応する言語は英語と日本語のほか、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、オランダ語となる。

 また、新しいソフトウェアのリリースに合わせ、SkypeではMac ユーザー向けに初めてとなるスターターパック「Macスターターパック」を準備しているという。同パックには、Skype for Macを開始するために必要なマイク付きUSBステレオ・ヘッドセット、特別デザインの携帯用ケース、世界中の一般電話や携帯電話と無料で通話(時間限定)できるSkypeOutのバウチャーが含まれる。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top