デル、画面共有と遠隔操作によるPCサポート「Dell Connect」を開始 | RBB TODAY

デル、画面共有と遠隔操作によるPCサポート「Dell Connect」を開始

IT・デジタル ノートPC

 デルは14日、ユーザーのPC画面をサポートスタッフと共有し、遠隔操作によって同社製品のテクニカルサポートを行うサービス「Dell Connect(デルコネクト)」を開始すると発表した。

 同サービスは、個人・SOHO向けデスクトップ「Dimension」、同ノートブック「Inspiron」(XPSシリーズを含む)、法人・教育・官公庁向けデスクトップ「Optiplex」、同ノートブック「Latitude」のPC本体とOS、アプリケーション、PC本体購入時に同時に購入した周辺機器が対象。PC購入時に設定したサポート期間中ならば、追加料金は発生しない。サービス開始日は、Dimension/Inspironが7月14日、Optiplex/Latitudeが7月21日。

 Dell Connectは、HDD空き容量、プログラム起動の設定・選択状況と言ったシステム構成の詳細なスナップショットを閲覧する「分析」、ユーザーのPC画面をサポートスタッフがリモートから参照し、画面上に説明用の注釈やマーキングによるガイダンスを行う「ビュー(表示)」、PCのシステム構成の設定変更といったPCシステムのコントロールをサポートスタッフが行う「コントロール」の3つのサポートが含まれる。すべての遠隔操作はアクションごとにユーザーの承諾を受けた上で行われ、ユーザーはいつでもセッションを切断できる。
《富永ジュン》

特集

page top