W-ZERO3の新モデルは、数字とQWERTYのダブルキーボード | RBB TODAY

W-ZERO3の新モデルは、数字とQWERTYのダブルキーボード

ブロードバンド その他

 「W-ZERO3」の新型モデル「W-ZERO3 [es]」(WS007SH)が発表された。発売は7月27日。ストレート型の携帯電話と同様に片手での操作が可能となっているが、スライドさせることでQWERTYキーボードが現れるというインターフェイスが採用されている。
  •  「W-ZERO3」の新型モデル「W-ZERO3 [es]」(WS007SH)が発表された。発売は7月27日。ストレート型の携帯電話と同様に片手での操作が可能となっているが、スライドさせることでQWERTYキーボードが現れるというインターフェイスが採用されている。
 「W-ZERO3」の新型モデル「W-ZERO3 [es]」(WS007SH)が発表された。発売は7月27日。ストレート型の携帯電話と同様に片手での操作が可能となっているが、スライドさせることでQWERTYキーボードが現れるというインターフェイスが採用されている。

 また液晶パネルは、VGA(640×480)であるが、2.8型(現モデルは3.7型)に小型化されている。また「W-SIM」を利用した通信に対応するが、無線LANモジュールは、搭載されていない。

 さらに、USBホスト機能に対応しており、PC用のキーボードやUSBメモリ、デジタルカメラなどが接続できる。将来的には、ワンセグチューナ、無線LAN、Bluetooth、プリンタなどの対応も計画されている。

 詳細は追ってお伝えする。

●主な仕様
 型名:WS007SH(B)/(W)
 OS:Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC 日本語版
 CPU:Intel PXA270 プロセッサ 416MHz
 表示:640×480ドット、2.8型 65,536色 モバイルASV液晶(タッチパネル/バックライト付)
 メモリー:フラッシュメモリー128MB(ユーザーエリア約60MB) / SDRAM 64MB(ワークエリア)
 通信機能:PHS(W-SIM)対応
 カードスロット:mini SDTMカードスロット×1、W-SIMスロット×1
 接続端子:USBポート(miniABコネクター)、イヤホンマイク端子(平型)
 電源:リチウムイオン充電池(EA-BL13)、ACアダプター(EA-79)
 連続通話時間:約7時間
 連続待受時間:約500時間(電波状態ランプ消灯時)/約300時間(電波状態ランプ点灯時)
 内蔵カメラ:有効画素数 約131万画素(マクロ撮影/QRコード対応)
 日本語入力システム:ATOK、Microsoft IME
 外形寸法:幅約56mm×高さ約135mm×厚さ約21mm(本体閉時、突起部除く)
 質量:約175g(スタイラスペン、充電池含む)
 主な付属品:W-SIM、USBケーブル、CD-ROM、ACアダプター、取扱説明書、ソフトケース、その他
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top