KFE、15,000円前後の510万画素単焦点デジカメ「EXEMODE DC538」 | RBB TODAY

KFE、15,000円前後の510万画素単焦点デジカメ「EXEMODE DC538」

IT・デジタル デジカメ
 KFE JAPANは、有効画素数510万画素のCMOSと2.4型液晶モニターを搭載した単焦点デジタルカメラ「EXEMODE DC538」を、ネットマックスが運営するオンラインショップ「アウトレットミスターマックス 楽天市場店」にて7月6日10時から先行発売する。価格はオープンで、予想販売価格は15,000円前後の見込み。

 EXEMODE DC538は、35mmカメラ換算の焦点距離が39.6mmの単焦点レンズを採用するほか、ISO感度がISO100相当固定など手軽な撮影に適したデジタルカメラ。電源連動のスライド式レンズカバーを採用しており、カバンやポケットの中でレンズが傷つかない設計となっている。

 静止画撮影では2,592×1,944ピクセルの実サイズ撮影に加え、画像補正機能により1,200万画素(4,048×3,040ピクセル)相当の撮影が可能。また、動画撮影ではQVGAサイズなら秒間最大30コマでの撮影、VGAサイズでも秒間最大23コマでの撮影が可能となっている。

 本体サイズは幅88.5×高さ59×奥行き28.5mm、重さは約88g(電池、付属品除く)。電源は単4形アルカリ乾電池×2本で、撮影可能枚数は約80枚。記録媒体にはSDメモリーカードが採用されているほか、32Mバイトの内蔵メモリを搭載している。
《村上幸治》

特集

page top