シャープ、ポーランドと液晶モジュール工場建設で交渉を開始 | RBB TODAY

シャープ、ポーランドと液晶モジュール工場建設で交渉を開始

IT・デジタル テレビ

 シャープは13日、ポーランド共和国北部のポモルスカ県トルン市に、今後急激な拡大が予想される欧州・液晶テレビ市場への対応を狙い、液晶モジュールの生産工場を建設すべく同国と交渉していると発表した。

 これは、ワルシャワの首相府で13日(現地時間)に行われた会談の席上明らかになったもので、会談にはポーランド政府からマルチンキエヴィチ首相とカチマレク経済省副大臣が、シャープ側からは町田社長が出席したという。

 計画されている新工場では、同社のスペイン工場やレーベ社のドイツ工場などで現在生産されている大型液晶テレビ用液晶モジュールを2007年1月から生産する予定だとしている。その後は生産台数を順次拡大し、拡大する欧州液晶テレビ市場に対応していくという。

 なお、第1期投資額は約4,400万ユーロ(約60億円)、立ち上がり当初の従業員数は約800名と見込まれている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top