ソニー、システムオングラス技術採用のデジカメ用液晶ディスプレイパネルを商品化 | RBB TODAY

ソニー、システムオングラス技術採用のデジカメ用液晶ディスプレイパネルを商品化

IT・デジタル デジカメ

 ソニーは13日、周辺回路をガラス基板上に一体形成する「システムオングラス技術」を採用した、デジタルカメラ向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルを商品化し、4月に受注を開始すると発表した。
  •  ソニーは13日、周辺回路をガラス基板上に一体形成する「システムオングラス技術」を採用した、デジタルカメラ向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルを商品化し、4月に受注を開始すると発表した。
 ソニーは13日、ディスプレイ駆動に必要なドライバー回路や電源などの周辺回路などをガラス基板上に一体形成する「システムオングラス技術」を採用した、デジタルカメラ向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルを商品化し、4月に受注を開始すると発表した。

 本製品では、システムオングラス技術を採用したことで、部品点数の削減により小型化、低消電力化を実現しているという。そのほか、デジタルカメラの液晶向けに、RGBシリアルインターフェース回路や色調調整回路などを新たに搭載。

 ラインアップは、1.8型の「ACX343」、2.0型の「ACX351」、2.5型の「ACX350」の3種類で、サンプル価格は順に5,000円、6,000円、7,000円となっている。解像度は2.5型と2.0型が354×240ドット、1.8型が320×240ドット。表示色数はいずれも250,047色。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top