D&M、マランツブランドのプロ向けポータブルデジタルオーディオレコーダー | RBB TODAY

D&M、マランツブランドのプロ向けポータブルデジタルオーディオレコーダー

IT・デジタル その他

PMD671
  • PMD671
 ディーアンドエムホールディングスは30日、PCM 24-bit分解能、96kHzサンプリングに対応した高品位のポータブルオーディオレコーダー「PMD671」を発売した。価格は144,900円。

 本製品は、マランツブランドのプロフェッショナル向けポータブルオーディオレコーダーで、PCM 24ビット分解能、96kHzサンプリングに対応し、3ヘッドレコーダーと同等な録音同時再生機能により、録音中の状態をモニター可能とするなど、録音信頼性を飛躍的に高めた製品。回転機構がないため、ポータブルとして要求される高信頼性の運用が可能。また、録音品質を多岐に選択することが可能なため、長時間録音の要求にも応えることができるという。

 録音メディアには、コンパクトフラッシュ(CF)/マイクロドライブカードを採用。USB2.0に対応し、PCとのファイル転送が可能。

 録音時間は、1GBのCFカード使用時で、PCM 24ビット/96kHzモノラルが59分12秒、同ステレオが29分36秒、PCM 16ビット/48kHzモノラルが2時間57分52秒、同ステレオが1時間28分56秒、MP3/32kbpsモノラルが71時間06分40秒、同64kbpsステレオが35時間33分20秒となっている。

 同時モニターだけでなく、タイムシフト再生にも対応し、録音しながら記録済の音声をランダムに再生することもできるほか、サイレントスキップ機能による自動録音停止/開始機能やMinute Track機能よる時間管理の自動Track作成、EDL(Edit Decision List)マーク機能による録音/再生ポイントの指定が可能など、編集に役立つ機能も充実している。

 ステレオ(2ch)、モノラル(1ch)のアナログ/デジタル録音・再生に対応し、フォーマットもMP2/MP3/PCM(WAVE/BWF)に対応する。サンプルレートは8〜96kHz、ビットレートは16〜384kbpsの設定が可能。

 XLRバランスマイク入力(ファントム電源+48V対応)、RCAライン入出力、デジタル入出力端子(COAX)などを備える。
《竹内充彦》
page top