東芝、地上デジタルTVチューナーと17型フルHD液晶搭載のAVノート「Qosmio G30」など | RBB TODAY

東芝、地上デジタルTVチューナーと17型フルHD液晶搭載のAVノート「Qosmio G30」など

IT・デジタル ノートPC

Qosmio G30
  • Qosmio G30
  • 世界で初めてノートPCに自社開発の地上デジタルTVチューナーを搭載したことをアピールする、東芝 執行役上席常務兼PC&ネットワーク社 社長の能仲久嗣氏
  • 地上デジタルTVチューナー(奥)と、地上アナログTVチューナー(手前)
  •  東芝は、AVノートPC「Qosmio」シリーズの新製品として、ノートPC初となる地上デジタルTVチューナーと、17型フルHD液晶(1,920×1,200ドット)を搭載した「G30/596LS」ほか、2モデルを2月下旬に発売する。
 東芝は、AVノートPC「Qosmio」シリーズの新製品として、ノートPC初となる地上デジタルTVチューナーと、17型フルHD液晶(1,920×1,200ドット)を搭載した「G30/596LS」ほか、2モデルを2月下旬に発売する。また、15.4型WXGA液晶搭載のスタンダードノート「dynabook VS」1モデルと、12.1型XGA液晶搭載の薄型モバイルノート「dynabook SS SX」2モデルを1月下旬に発売。価格はいずれもオープンで、実売予想価格はG30の上位モデルが38万円前後、中位モデルが34万円前後、下位モデルが30万円前後の見込み。

 Qosmio G30シリーズの上位モデル「G30/596LS」は、Core Duo T2500(2.00GHz)と17型WUXGA液晶(1,920×1,200ドット)を装備。中位モデル「G30/595LS」と下位モデル「G30/593LS」は、CPUにCore Duo T2300(1.66GHz)を採用し、液晶パネル解像度がWXGA+(1,440×900ドット)となる。メモリは、上・中位モデルが1Gバイト(PC2-4200)、下位モデルが512Mバイト(PC2-4200)。HDDは、上・中位モデルが240Gバイト(120Gバイト×2)、下位モデルは200Gバイト(100Gバイト×2)。

 G30シリーズの3モデルすべてに、自社開発の地上デジタルTVチューナーと地上アナログTVチューナー(MPEG2リアルタイムハードウェアエンコーダー)、片面2層DVD±R対応のDVDスーパーマルチドライブを備える。いずれもIntel 945PMチップセットを採用し、グラフィックスチップは、米NVIDIAの「GeForce Go 7600」(128Mバイト)。通信機能は、インテル製のIEEE802.11a/b/g準拠無線LAN、Gigabit Ethernet、モデムを搭載。これにより、3モデルとも、Centrino Duoモバイルテクノロジのロゴを取得している。

 サウンドについては、1ビットデジタルアンプとharman/kardonのバスレフ型スピーカー、SRSサラウンド機能(Circle Surround対応など)を装備。

 インターフェースは、Expressカードスロット、ブリッジメディアスロット(SD、xD、マルチメディア、メモリースティック、同PRO対応)、PCカードスロット、USB2.0×4、IEEE1394、D映像出力、Sビデオ入出力×各1、AV入力、光デジタルオーディオ/ヘッドホン出力、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を用意する。

 OSはWindows XP Home Editionで、アプリケーションにはOffice Personal Editon 2003をプリインストールする。

 本体サイズは幅406×奥行き295×高さ45.5〜53.5mm、重さは4.7kg。バッテリー駆動時間は、上位モデルが約1.9時間、中・下位モデルが約2.0時間。また、本製品には、512MバイトのUSBフラッシュメモリ、光学式マウス、リモコン、B-CASカードなどが付属する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top