キヤノン、デジタルハイビジョン撮影を可能にしたHDV規格対応のビデオカメラ「XL H1」 | RBB TODAY

キヤノン、デジタルハイビジョン撮影を可能にしたHDV規格対応のビデオカメラ「XL H1」

IT・デジタル レコーダー

キヤノンHDビデオカメラレコーダー「XL H1」(HDビデオレンズ20×ズーム XL 5.4-108mm L IS II装着時)
  • キヤノンHDビデオカメラレコーダー「XL H1」(HDビデオレンズ20×ズーム XL 5.4-108mm L IS II装着時)
 キヤノンは、高精細なデジタルハイビジョン撮影が可能なHDV規格対応のHDビデオカメラ「キヤノンHDビデオカメラレコーダーXL H1」を11月下旬に発売する。価格は、20倍ズームレンズが付属する「HD20倍ズームレンズキット」で105万円。

 XL H1は、同社のレンズ交換可能なデジタルビデオカメラXLシリーズの最新モデルで、1/3型・総画素数約167万画素3CCDを搭載し、新開発の映像エンジン「DIGIC DVII」とHDコーデックLSIの採用により、ミニDVテープに高精細なハイビジョン映像をHDV規格(1080i方式)で記録・再生することを可能にした。

 付属レンズは同機に合わせて新開発した「HDビデオレンズ20×ズーム XL 5.4-108mm L IS II」。なお、XL H1は、キヤノン独自のXLマウントを採用しているため、標準画質のSD撮影時には、従来のXLシリーズ専用の交換レンズのほか、「EOS」シリーズ用の豊富なEFレンズ群にも対応できる。

 また、HDV規格対応のビデオカメラとして初めて3HD-SDI出力端子を装備し、撮影したハイビジョン映像を非圧縮で外部機器に出力可能としたほか、タイムコード入出力端子や、素材を切り換える際の画面の乱れを防ぐGENLOCK入力端子を備えるなど、業務用カメラとしての機能を充実させている。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top