日立、高輝度・高コントラストを両立したハイビジョン対応液晶プロジェクター | RBB TODAY

日立、高輝度・高コントラストを両立したハイビジョン対応液晶プロジェクター

IT・デジタル テレビ

ホームシアター用ハイビジョン対応液晶プロジェクター「Wooo PJ-TX200J」
  • ホームシアター用ハイビジョン対応液晶プロジェクター「Wooo PJ-TX200J」
 日立製作所は、新「Woooハイビジョンレンズ」と「デュアルアイリス機構」の搭載により、7,000:1の高コントラストと高輝度1,200ルーメンを実現した、ホームシアター用ハイビジョン対応液晶プロジェクター「Wooo PJ-TX200J」を10月下旬に発売する。ブランドキャラクターに女優の黒木瞳を起用し、宣伝や販売推進活動を展開。価格は273,000円。

 新Woooハイビジョンレンズには、4枚のEDレンズを採用。暗部階調のディテールから漆黒の闇までを表現するために、液晶パネルの前後に「レンズアイリス」と「アクティブアイリス」の2つのアイリスを搭載した「デュアルアイリス機構」にしたことで、7000:1の高コントラストを実現。また、大口径レンズ(F1.7〜F2.4)と150Wランプの採用により、高輝度1,200ルーメンという明るさも両立している。

 さらに、ホームシアター向けの機能として、上下2.5画面分、左右1.5画面分の「レンズシフト機能」や、100型を2.8mから4.6mまでの投写距離で設置できる短焦点光学1.6倍ズームを搭載している。

 フル10ビットデジタル画像処理と12ビットデジタルガンマ補正を装備したほか、上下の黒帯(無信号部)を最黒信号レベルに変換してマスキングする「デジタルシャッター」も搭載した。

 インターフェースは、HDMI入力、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、Sビデオ、コンポジットビデオ、トリガーなどを用意。

 本体サイズは幅340×高さ113×奥行き299mm、重さは4.7kg。消費電力は220W。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top