ソニー、仮想5.1chサラウンド技術搭載のホームシアターシステムなど | RBB TODAY

ソニー、仮想5.1chサラウンド技術搭載のホームシアターシステムなど

IT・デジタル その他

2.1chフロントサラウンドホームシアターシステム「DAV-X1」
  • 2.1chフロントサラウンドホームシアターシステム「DAV-X1」
 ソニーは、ホームシアターシステムの新ラインアップとして、リアスピーカーの設置不要なバーチャルサラウンド技術を搭載したモデル3機種と、ケーブルを使わずに後方部に設置するサラウンドスピーカーへ音声信号の伝送が可能なモデル1機種の計4機種を10月10日から順次発売する。価格はすべてオープン。ラインアップと実売予想価格は以下のとおり。( )内は発売日。

・2.1chフロントサラウンドホームシアターシステム「DAV-X1」:16万円前後(10月10日)
・シアタースタンドシステム「RHT-G1000」:15万円前後(10月20日)
・3.1chフロントサラウンドホームシアターシステム「HT-LC150FS」:4.5万円前後(11月10日)
・ワイヤレスホームシアターシステム「HT-SL800W」:9万円前後(11月10日)

 DAV-X1、RHT-G1000、HT-LC150FSの3機種には、前方のスピーカーだけで仮想的に5.1chのサラウンド音場を再現し、広がり感や包み込むような空気感をリアルに表現する、新開発のバーチャルサラウンド技術「S-Force フロントサラウンド」を搭載。またアンプ部には、フルデジタルで音声信号処理を行う、独自のフルデジタルアンプ「S-Master」を各チャンネルそれぞれに搭載している。

 さらに、DAV-X1、RHT-G1000には、よりリアリティを追及した「S-Force PRO フロントサラウンド」が搭載されており、臨場感のあるサラウンドが楽しめるという。

 DAV-X1は、フロント2.1chのDVDプレーヤー搭載ホームシアターシステム。2本のフロントスピーカーとサブウーハーにより、高音質で迫力のあるバーチャルサラウンドを実現しているほか、専用スピーカーケーブルにより、スピーカーと本体とをワンタッチで接続できる設置の容易さが特徴だ。DVD部の画像出力には、HDMI出力、D2、Sビデオ、コンポジットビデオが装備されている。

 RHT-G1000は、幅120cmのテレビ台にサラウンドAVアンプと4.1chスピーカーパッケージを搭載したオールインワンAVラック。現在使っているテレビやDVDプレーヤー・レコーダーなどと接続するだけで、5.1chで配信されているテレビ放送やDVDの映画コンテンツといった本格的なサラウンドを手軽に楽しめるのが特徴だ。

 アンプ部の映像入出力端子には、D×3/×1、コンポジットビデオ×3/×1、音声入力には光デジタル×4、同軸デジタル×3、アナログL/R×4を装備する。

 HT-LC150FSは、フロントスピーカーとセンタースピーカー、サブウーハーで組み合わされた、3.1chホームシアターシステム。センタースピーカーにシステムコントロール機能、サブウーハー部にアンプ機能をそれぞれ内蔵した設計により、設置の際にAVアンプなどを置くための広いスペースを新たに確保する必要がないのが特徴だ。

 また、同製品の付属リモコンを利用して、同社製HDD搭載DVDレコーダー「スゴ録」の基本的な操作が行えるといった親和性も持っている。音声入力端子には、光デジタル×2、アナログL/R×1を装備する。

 HT-SL800Wは、同社独自の赤外線によるワイヤレス伝送「S-DIAT」を採用し、本体からサラウンドスピーカーに、デジタル音声信号を圧縮することなくワイヤレスで伝送する、5.1chホームシアターシステム。「S-DIAT」と「S-Master」の組み合わせにより、CDやDVDなどの音源の読み取りからパワーアンプまでの工程をすべてデジタルで処理しているため、音質劣化が極めて少ないクリアな音を再現しているという。

 フロントおよびリアスピーカーには、バランスドーム型トゥイーターを採用したスリムなトールボーイ型スピーカーを採用。また、アンプ部は同社のビデオレコーダー「スゴ録」とデザインが合わせてあり、TVラックにもスッキリ収まるサイズとなっている。音声入力端子には、光デジタル×2、同軸デジタル×1、アナログL/R×3を装備する。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top