カシオ、ISO800対応&2.7型液晶の500万画素デジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z500」 | RBB TODAY

カシオ、ISO800対応&2.7型液晶の500万画素デジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z500」

IT・デジタル デジカメ

EXILIM ZOOM EX-Z500(シルバー)
  • EXILIM ZOOM EX-Z500(シルバー)
  • 上:EX-Z500GD(ゴールド)、下:EX-Z500BK(ブラック)
 カシオ計算機は4日、ISO800の高感度撮影とCIPA規格で500枚撮影を実現した、2.7型液晶搭載の500万画素コンパクトデジタルカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z500」を発表した。発売日は、シルバーが8月12日、ブラックとゴールドが9月下旬。価格はオープンで、実売予想価格は45,000円前後。

 EX-Z500は、有効500万画素1/2.5型CCDと光学3倍ズーム、2.7型液晶(153,600画素)搭載のコンパクトデジタルカメラ。画像処理モジュール「EXILIMエンジン」に採用した「アンチシェイクDSP」の信号処理技術により高感度を実現し、速いシャッタースピードにより、静止画撮影時の手ブレや被写体ブレを軽減できる。撮像感度はISO50〜400で、ブレ軽減機能により、最大のISO800を選択可能だ。

 レンズの開放F値はF2.7〜5.2、画角は35mm判換算で約38〜114mmに相当する。電源起動時間は約0.9秒、レリーズタイムラグの約0.007秒。最短撮影距離は約40cm、接写時の撮影可能距離は約17〜約50cm。

 記録メディアは、SDメモリーカード/マルチメディアカードを利用できるほか、本体に8.7Mバイトのフラッシュメモリを内蔵する。最大記録サイズは、静止画が2,560×1,920ピクセル、動画は640×480ピクセルの30fps。インターフェースはUSB2.0に対応(Hi-Speedは非対応)。

 電源はリチウムイオン充電池を採用し、撮影可能枚数はCIPA規格で500枚としている。本体サイズは幅88.5×高さ57×厚さ20.5mm、重さは約112g。
《高柳政弘》

特集

page top