JPRS、DNSサーバの不適切な管理による危険性解消のための取り組みを開始 | RBB TODAY

JPRS、DNSサーバの不適切な管理による危険性解消のための取り組みを開始

エンタープライズ その他

 日本レジストリサービス(JPRS)は、DNSサーバの不適切な管理が引き起こす危険性を解消するために、レジストリとして積極的な取り組みを開始すると発表した。本日付けでJPRSの取り組み方針を文書にまとめて公開すると共に、ドメイン名登録者、DNSサーバ管理者を対象に、情報提供・注意喚起などを継続的に実施していく。

 その一環として、まずは、不適切なDNSサーバ設定について調査を行い、該当する登録者や指定事業者に対し、当該DNSサーバの登録削除など、適切なDNSサーバ運用を提案していく。

 DNSサーバとして使用されていたホスト名が、ドメイン名の廃止によって存在しなくなった後もDNSサーバとしてレジストリに登録したままだと、そのDNSサーバが属するドメイン名の管理権限を第三者が取得することで、本来のサイトと異なるサイトに誘導できてしまう。今回の取り組みは、こうした危険性を解消するもの。
《竹内充彦》

特集

page top