マイクロソフト、WindowsやOfficeの更新プログラムを一括提供するMicrosoft Updateを開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、WindowsやOfficeの更新プログラムを一括提供するMicrosoft Updateを開始

IT・デジタル その他

 マイクロソフトは、WindowsやMicrosoft Officeの更新プログラムを一括して提供するサービス「Microsoft Update」を開始した。

 同社は従来、Windowsは「Windows Update」から、Officeは「OfficeUpdate」からといったように、各製品のWebサイトから更新プログラムを提供してきた。あらたに提供を開始したMicrosoft Updateは、複数のマイクロソフト製品の更新プログラムを、単一のWebサイトとユーザーインターフェイスを通じて一括して提供するもの。自動更新機能にも対応しており、優先度の高い更新プログラムを自動的に適用できる。マイクロソフトでは、ユーザーの利便性とともに、同社製品のセキュリティと信頼性を向上するものだとしている。

 Windows UpdateやOffice UpdateからMicrosoft Updateへの切り替えは、自動的には行われず、ユーザーが任意で選択する。Microsoft Updateへは、Windows Updateをはじめとするマイクロソフトサイトに掲載されているリンクからアクセスできる。

 なお、Microsoft Updateは、Windows Genuine Advantageプログラム(正規Windows推奨プログラム)によるライセンス確認を行ったユーザーのみ利用できる。Windows Genuine Advantageプログラムの適用時期や詳細については別途告知されるという。

 Microsoft Updateの対応プラットフォームならびに更新プログラムが提供される製品は以下のとおり。

●Microsoft Updateを利用可能なプラットフォーム
 Windows 2000(Datacenter Editionを除く)
 Windows XPファミリ
 Windows Server 2003ファミリ

●Microsoft Updateで更新プログラムが提供される製品
 Windows 2000 ファミリ(Datacenter Editionを除く)
 Windows XP ファミリ
 Windows Server 2003 ファミリ
 Office XPおよびMicrosoft Office 2003(今後の後継製品を含む)
 Exchange 2000 ServerおよびExchange Server 2003
 (今後の後継製品を含む)
 SQL Server 2000 SP4(今後の後継製品を含む)
《小笠原陽介》

特集

page top