マクロメディア、Flashプラットフォーム事業戦略を発表 | RBB TODAY

マクロメディア、Flashプラットフォーム事業戦略を発表

ブロードバンド その他

左側がFlash Player 7で右側が次世代Flash Player。波の部分がより鮮明になっているのがわかる
  • 左側がFlash Player 7で右側が次世代Flash Player。波の部分がより鮮明になっているのがわかる
  • アルファチャンネルを使うと、Webサイトから水しぶきが出る様子を表現できる
 マクロメディアは11日、米国本社で6月6日に発表した今後の事業戦略に関するプレスリリースを受け、Flashプラットフォーム事業戦略の記者説明会を行った。

 同社は、ブラウザやOS、ハードウェア機器の種類を問わず、リッチコンテンツ、アプリケーションやコミュニケーションを効果的に提供するための統合プラットフォームを今後進化させていく。FlashプラットフォームのコアとなるFlash Playerは、スクリーン(画面)があるところならどこでも対象になるという。具体的には、すでに5.7億台のデスクトップに普及し、100社以上とOEMライセンス契約を結んでいる。

 現在開発中の次世代Flash Playerは、コードネーム「Maelstrom(メイルストローム)」と呼ばれるもので、現行バージョンFlash Player 7との比較デモが行われた。バージョンアップした点は次のとおり。

・パフォーマンスの向上:より高速にアニメーションを描写できる。
・表現力の向上:アニメーションに対してリアルタイムにビットマップ効果を加えられる。
・フォント表示品質の向上:さまざまなプラットフォームに見えやすい綺麗なフォント表示を提供。
・ビデオ品質の向上:エンコード、デコード部分のビデオ品質が向上。
・アルファチャンネルのサポート:ビデオの上にビデオを重ねて表示できる映像の合成機能サポート。

 Flash Playerのほかに、次の5つの製品について次期バージョンのリリースを予定している。

◆現行製品
 Flash Lite
 Flash オーサリング環境
 Flex Builder
 Flex サーバー 
 Flash Communication Server

◆次世代製品(コードネーム)
 Flash Lite "Deuce"
 Flash オーサリング環境 "8Ball"
 Flex IDE "Zorn"
 Flex サーバー "Mistral"
 Flash Video "Edison"

 また同社は、オープンソースソフトウェア開発ツールの非営利団体である「Eclipse Foundation」に加盟し、RIA(リッチインターネットアプリケーション)の開発環境を提供する予定だ。

 なお、気になるAdobeとの連携について一切触れることはなく、「話を進めている段階で、まだ具体的な事は公表できない」という。

(工藤めぐみ)
《RBB TODAY》

特集

page top