市川ソフト、「SILKYPIX」搭載のRAW現像処理エンジンを開発キットで提供へ | RBB TODAY

市川ソフト、「SILKYPIX」搭載のRAW現像処理エンジンを開発キットで提供へ

IT・デジタル その他
 市川ソフトラボラトリーは3日、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 1.0」に搭載されているRAW現像処理エンジンを開発キット化し、一般公開すると発表した。開発キットの名称(仮)は「SILKYPIX SDK」。公開時期については現在未定。

 このSILKYPIX SDKを使用することにより、SILKYPIX Developer Studio 1.0に搭載されているすべての機能を使用したアプリケーション開発が可能になる。なお、開発キットは、「SILKYPIX Developer Studio 1.0のRAW現像エンジンを提供してほしい」という、さまざまな企業の要望により開発が始まったという。

 開発言語は、C、C++、BASICをサポートする。
《村上幸治》

特集

page top