パワードコム、DVD映像配信サービス「ひかり de DVD」のトライアル期間を延長 | RBB TODAY

パワードコム、DVD映像配信サービス「ひかり de DVD」のトライアル期間を延長

ブロードバンド その他

 パワードコムは30日、東芝および東京電力と共同で実施しているDVD映像配信サービス「ひかり de DVD」のトライアルを、9月30日まで継続実施すると発表した。

 ひかり de DVDは、東京電力が提供するFTTHサービス「TEPCOひかり」をアクセス回線に使い、東芝の著作権保護ソリューションとパワードコムの映像配信プラットフォームを組み合わせて映像コンテンツを配信し、FTTHに接続したDVDレコーダー内のDVD-RAMディスクに直接書き込むことができるサービス。

 2004年12月1日から3月31日までの予定で、約500名のモニターを対象に行ってきたトライアルサービスでは、FTTHネットワークとDVDレコーダーの接続性、配信コンテンツの品質、コンテンツのセキュリティー、認証・課金システムおよび配信プラットフォームの安定性など、技術・運用面において支障がないことを実証してきたとしている。

 パワードコムでは4月以降、9月末までのトライアルサービス継続期間において、現行トライアルで蓄積した技術・運用ノウハウを活かし、トライアルに新規参加するほかの電力系FTTHと接続したコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を構築し、提供エリアの拡大に向けた映像コンテンツ配信の技術検証を開始するという。

 また、ダウンロードスピードの高速化や提供コンテンツのタイトル数の充実など、トライアルモニターから寄せられた要望をもとに、さらなる利便性向上に向けて努力していくとともに、今秋の本格商用サービスをめざして関係各社と協議を継続していくとしている。

●トライアル新規参加予定企業
 中部電力
 ケイ・オプティコム(eo)
 九州通信ネットワーク(BBIQ)
《村上幸治》

特集

page top