朝日生命、指紋認証装置を標準装備した富士通製ポータブルPCの大規模導入を決定 | RBB TODAY

朝日生命、指紋認証装置を標準装備した富士通製ポータブルPCの大規模導入を決定

 朝日生命は29日、全国の同社営業職員向けに、指紋認証装置を標準装備した富士通製次期携帯PC「ハンディアイ」の導入を決定した。ハンディアイの導入規模は17,000台で、10月から端末を順次置き換えていくという。

IT・デジタル ノートPC
 朝日生命は29日、全国の同社営業職員向けに、指紋認証装置を標準装備した富士通製次期携帯PC「ハンディアイ」の導入を決定した。ハンディアイの導入規模は17,000台で、10月から端末を順次置き換えていくという。

 ハンディアイは、富士通がデザインや操作性、信頼性を考慮し、朝日生命向けに開発・設計したもので、セキュリティを重視した携帯PCとなっている。このハンディアイを利用することで、端末起動時に指紋認証を行い、本人以外の起動を防止。また、HDD内のファイル暗号化機能とセキュリティチップを備えるほか、データ持ち出しによる情報漏えいを抑止するソフトにより、USBメモリやCD-Rなどの外部記録メディアへのデータコピーを防ぐといった特徴を持つ。

 なお、同社では、生保業界において全国の営業職員が使用する17,000台もの携帯PCに指紋認証装置を大規模採用するのは初めてとしている。
《高柳政弘》

特集

page top