楽天、国内信販を買収。55.5%の株式を約120億円で取得 | RBB TODAY

楽天、国内信販を買収。55.5%の株式を約120億円で取得

 楽天は、国内信販の株式を取得し子会社化すると発表した。株式の取得は6月1日がめどとされている。また、10月1日には国内信販の社名を「楽天KC株式会社」に変更する。

ブロードバンド その他
 楽天は、国内信販の株式を取得し子会社化すると発表した。株式の取得は6月1日がめどとされている。また、10月1日には国内信販の社名を「楽天KC株式会社」に変更する。

 国内信販は、クレジットカード、ショッピングクレジット、カードローンを扱っており、16年3月期には164万枚のカード発行と5,597億円の実績がある。

 今回の買収は、楽天市場や楽天トラベルから派生する決済収益の獲得、東北楽天ゴールデンイーグルスなどスポーツ界との連携によるクレジットカード会員の拡大が目的だ。

 国内信販の持ち株会社であるケイ・シーホールディングスは、同社の株式の100%を間接的に保有している。今回の買収は、日本産業パートナーズのファンドである日本産業第一号投資事業が保有するケイ・シーホールディングスの株式を取得することで実施する。さらに、ケイ・シーホールディングスの第三者割り当てによる45億円の優先株式の引き受けも予定している。
《安達崇徳》

特集

page top