シスコ、CATV網で最大1Gbpsのデモンストレーションを実施 | RBB TODAY

シスコ、CATV網で最大1Gbpsのデモンストレーションを実施

エンタープライズ その他

 シスコシステムズ(シスコ)は、トヨタ自動車およびトヨタホームが完成させた実験住宅「トヨタ夢の住宅PAPI」にて、CATV網で最大通信1Gbpsを実現する「ワイドバンドテクノロジー」のデモンストレーションを実施する。

 ひまわりネットワークと共同で3月から開始する。

 「ワイドバンドテクノロジー」は、ケーブルインターネットの仕様であるDOCSIS(Data Over Cable Service Interface Specifications)をベースに、シスコが開発したワイドバンド プロトコルを使用し、ひまわりネットワークがサービスエリアに構築済みのHFC(Hybrid Fiber and Coaxial system、光同軸ハイブリッド伝送方式)ネットワーク上において、最大1Gbpsの高速通信を実現するもの。ケーブルインターネット用センタールータ(CMTS)をベースとしており、既存インフラを流用できるため、より少ない投資での高速化が実現できるという。

 なお「トヨタ夢の住宅PAPI」は、トヨタ自動車およびトヨタホームが愛知県長久手町のトヨタ博物館向かいに完成させた、約10年後の近未来の生活を提案する実験住宅だ。同住宅の一般公開は3月25日から9月25日までだが、見学にはトヨタホームのWebサイトからの事前予約が必要。
《小笠原陽介》

特集

page top