電通、2004年の日本の広告費推定を発表。インターネットがラジオ広告費を抜く | RBB TODAY

電通、2004年の日本の広告費推定を発表。インターネットがラジオ広告費を抜く

 電通は17日、日本での総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2004年 日本の広告費」を発表した。これによると、2004年1〜12月の日本の総広告費は5兆8,571億円、前年比103.0%であったと推定されている。

ブロードバンド その他
 電通は17日、日本での総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2004年 日本の広告費」を発表した。これによると、2004年1〜12月の日本の総広告費は5兆8,571億円、前年比103.0%であったと推定されている。

 このうち、インターネット広告費は1,814億円になり、ラジオ広告費の1,795億円を初めて抜いた。

 電通によると、総広告費は2000年に日本経済の回復傾向とITブームを背景に広告活動が活発に行われて3年ぶりに増加したのち、2001年以降は減少が続いたが、2003年の後半になってブロードバンドやデジタル家電が牽引して増加に転じ、2004年は年間を通して前年実績を上回り、4年ぶりの増加となったという。また、2005年の総広告費の見通しは前年比101.4%程度になるとしている。
《村上幸治》

特集

page top