日立、富士通から富士通日立プラズマディスプレイの株式とプラズマ特許を取得 | RBB TODAY

日立、富士通から富士通日立プラズマディスプレイの株式とプラズマ特許を取得

 日立製作所は2日、富士通の所有する富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)の株式およびプラズマディスプレイパネル(PDP)関連技術の特許を取得することで合意した。

IT・デジタル テレビ
 日立製作所は2日、富士通の所有する富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)の株式およびプラズマディスプレイパネル(PDP)関連技術の特許を取得することで合意した。

 この合意により、日立は3月末に富士通が所有するPDPの特許を取得するほか、日立と富士通の両社が3月末までFHPの債務超過解消のための財務支援を行なった上で、4月に発行株式総数の30.1%にあたる株式を富士通から取得し、FHPを日立の連結子会社とする予定。

 現在の株式所有比率は日立と富士通が各50%であるが、4月の株式譲渡後は日立が80.1%、富士通が19.9%となる。

 なお、日立の子会社となった後も、FHPの社名や経営陣は当面現状どおりになるという。
《高柳政弘》

特集

page top