NTTBP、米Troposと提携しメッシュ型公衆無線LANネットワークの構築と検証を開始 | RBB TODAY

NTTBP、米Troposと提携しメッシュ型公衆無線LANネットワークの構築と検証を開始

ブロードバンド その他
 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下NTTBP)は、米国のTropos Networks Inc.(以下 Tropos)と、メッシュ型公衆無線LANネットワーク構築の分野で提携する合意に達したと発表した。

 NTTBPは現在、首都圏の鉄道駅などを中心に「無線LAN倶楽部」を展開している。

 メッシュ型とは、アクセスポイント(親基地局)と中継基地局とを組み合わせ、中継基地局同士が無線で通信を行うことで、広い範囲にわたる無線LAN接続エリアを提供するもの。個別のアクセスポイントによるスポット的なサービスに比べ、ストリートや大学キャンパス内など面的な広がりを持つ場所において、低コストで無線ネットワークが導入できる。障害時の迂回や、基地局追加時のルート作成などの自己編成機能があるため、柔軟性があり、信頼性も高い。

 今回の提携によりNTTBPは、Tropos製の無線基地局「Tropos 5110 Outdoor Wi-Fi Cell」を活用し、メッシュ型ネットワークを実際に構築、技術検証を開始するとしている。
《小笠原陽介》

特集

page top